旅のコラム (1)

日本のバリアフリーはまだまだ、という意見もありますが、5年前、10年前、20年前・・と比べれば、その差は歴然! ご高齢であっても、障がいがあっても、ベビーカーでも、ひと昔前に比べれば随分と旅行しやすくなってきているように感じます。
旅行しづらい方のサポートをする旅行会社やNPO法人、ボランティア団体なども増えています。もちろん、そのようなサービスを利用せずとも、ご自分で、ご家族で、ご友人だけで普通に旅行される方もいらっしゃって、「日本もユニバーサルな世界へ!」と、リードしてくださっています!
でも、「旅行できる」ことを知らない、もしくは、旅行する為には「何らかのサポートが必要」な方がいらっしゃるのも現状です。
わたしたちは、そんな方々に「また旅行できる」ことを知っていただき、その方に合った必要なサポートができる会社でありたいと願っています。
ユニバーサルな世界に向かって、前を向いてリードする・牽引する、というよりは、後ろから支える・背中をそっと押してさしあげる、そんな役割を担っていけたらいいなぁと思います。

これから少しずつ、当ページで旅のコラムを発信していきたいと思います。
引き続き、どうぞよろしくお願い申し上げます。

旅のコラム(2)

私たちがお客さまと旅をご一緒していると、驚くようなことが時折あります。
例えば、あまりご興味はないかなぁ・・と思うような、お台場などにある若者向けのショップや観覧車、そしてディズニーランドもそう、実際にご一緒すると、すごく楽しんでいらっしゃいます。お食事にしても、少し多いかな~という量でもぺろりとお召し上がりになったり、ソフトクリームやアイスキャンディーもぺろり♪
ご旅行の帰り道は、少しお疲れになったかなぁ・・とこちらが心配するまもなく、おしゃべりやお買い物をしながら、終始お元気でご帰着されます。
先日、ご旅行のご予約をいただいた後にご入院されたH様は、ご入院中も「なんとしてでも旅行に行きたい!」とリハビリに励みました。当初の日程より1週間だけ延期にはなったものの、見事ご退院されてご旅行を実現されました。
周りの方に少し心配されながらも、でも意外と、ご本人の「できること」や「意志」、「嗜好」というのは周りの方の想像を超えたところにあるのかもしれませんね。
そして、それを発揮しやすい手段のひとつが「旅行」なのかもしれません。
可能性がひろがりますね。